タイ(バンコク)の進出支援、タイ(バンコク)での会社設立相談はタイ(バンコク)BOI取得済のタイ進出支援ポータルで検索

バンコク市内の無料Wi-Fiスポット情報


 
空港
 

スワンナプーム国際空港到着後、出国審査を通過して「Information Center」へ。どこのinformationでも良いわけではなく、大きめのところで配布しているようです。
IDとパスワードをもらう際には、名前とパスポートNoの記載が必要となります。
また、無料WiFiの利用時間は1時間という制限があるようです。

 
また空港内には有料のWiFiサービスもあります。急ぎでメールをCheckしたい、社内サーバーにつないで業務の処理を済ませたい、というときには有料でも構わないというビジネスマンも多いのではないでしょうか。
空港4階の出発ロビーDとEの間に、水色の「WLAN Net」の専用受付カウンターがあります。ここで「Wireless Internet Card」を購入し、アクセスポイントに接続。「User Name」と「Password」を入力し、接続が完了です。料金は1時間で250THBほどになります。
 
 
バンコク市内
公共施設Wi-Fiスポット
 
「Free Public WiFi」という、国が積極的に推進する公共施設向けの無料WiFiスポットとなり、バスターミナルや駅、県庁、警察署、公立学校、病院、観光地などタイ国内の約2万箇所以上に設置されています。
「Free Public WiFi」のロゴが目印となります。英語で情報を入れるのがちょっと面倒な方は、英語での住所や名前の情報を事前に携帯端末のメモ機能に登録しておくと良いかもしれません。
 
1,携帯端末のWiFiをオンにして「ICT_FREE_WiFi」というネットワーク名を探索
2,「ICT_FREE_WiFi」に接続し、登録画面で必要項目を登録
3,登録画面に「氏名」「パスポート番号」「住所」「電話番号」「メールアドレス」を全て英語で記入
4,登録完了後ユーザーIDとパスワードを入手
5,IDとパスワードを登録画面に入力し接続完了
※「Free Public WiFi」の有効期限は6ヶ月となり、1回の接続で2時間の利用が可能
 
参考:TOTWi-Fiスポット
いきなり音楽が流れだすので注意!!
 
 
大型ショッピングセンター
 
主要駅にある大きなショッピングセンターはWiFiスポットを設置しているところも多いようです。
BTSの乗り換え駅としておなじみのサイアム(SIAM)のパラゴン(PARAGON)ども無料WiFiスポットがあるようです。しかし建物全体で強い電波を拾うことが困難で飲食フロアなど一部スポットのみで有効なようです。注意が必要ですね。
詳しくはinformationで
参考:SIAM PARAGON公式サイト
いきなり大きな音が出るので注意!!
 
バンコクの丸の内BTSのAsoke(アソーク)駅、MRTのSukhumvit(スクンビット)駅に直結しているショッピングモール「TERMINAL21」でも無料でWi-Fiが使えるようです。
M階もしくはG階のinformationにてWi-Fiを利用したい旨を伝えるとパスポートを求められます。提出すると受付の方がPCに情報を打ち込み、UsernameとIDの書いた紙を発行してくれます。
あとは店内でWIFIをオンにするとTerminal21のネットワークにつないで登録画面にUsernameとPWを入力するだけで接続完了。
パスワードは1年間有効のようです。
 
参考:Terminal21公式サイト
 
Café
 
バンコク市内の主要なCaféはほぼ利用者向けに無料WiFiスポットを提供しています。店員さんにPW情報を聞いてみましょう。
しかしスターバックスや一部のマクドナルドのようにコーヒーを注文してもWiFiは有料といったとこもありますので注意が必要です
 
 
バンコクのWi-Fiスポット検索便利サイト
 
HOPSPOT LOCATION
国名のところに「Thailand」を選択してCity「bangkok」するとバンコク市内の駅や商業施設、カフェやレストランまでも網羅したWi-Fiスポットが検索できます