タイ(バンコク)の進出支援、タイ(バンコク)での会社設立相談はタイ(バンコク)BOI取得済のタイ進出支援ポータルで検索

タイ(バンコク)の商標・特許申請・取得支援・サポートをしている企業様のご紹介

ここではタイ(バンコク)に進出する日本企業様にタイでの各種商標・特許申請・取得を専門的に支援・サポートをしている企業様を紹介しております。

【タイ進出支援ポータル】はタイ(バンコク)に進出予定または進出済の日系企業様にタイ(バンコク)での商標・特許関連支援情報を提供するためのタイ進出支援情報ポータルサイトです。

タイにおける商標・特許関連の申請・認可は、日本とは各種法律や解釈が違うこともあり、日系企業の商標登録・特許取得は非常に難易度が高いとよく言われています。タイにおいても、日本と同様に特許、実用新案、意匠、商標法に当たる法律が存在します。日本のように各種商標を審査する行政庁も存在し、商務省知的財産局が日本のいわゆる特許庁にあたリます。知的財産局(=Department of Intellectual Property) は、タイではDIPという名称でよく呼ばれています。タイの商標出願は年々増えており、ITなどの業界や需要の盛り上がりを見せる分野の出願数は急増していると言われています。こういった時流に合わせた最新情報も、商標・特許関連の専門知識を保有した企業の支援を得ることでスムーズに運ぶと考えられます。
またタイに進出する日本企業にとって、どうしても守らなければならないのが、商標、特許などの知的財産権です。日本企業が進出先の国でトラブルや裁判に発展するケースが最も多いのも、この分野となります。そういう意味でも、進出する企業側にとっては商標の登録や特許出願に関する支援情報は重要となります。しかしタイでの各種出願、申請は、当然タイ語での書類作成となります。もちろん所轄官庁とも、タイ語で専門用語を踏まえた対応を行うことが必須条件となります。さらに、特許においては代理人制度というものが定められており、特許を出願する代理人に必要な資格(Registered Patent Agent )を保有していることが義務付けられています。商標特許関連の支援を行う企業を選定する場合は、そういった資格を保有しているかも重要な選定基準となります。
タイ・バンコクのWiFi │ MUAY THAI WiFi
バンコクの賃貸・不動産 | alphabet home
バンコクでのレンタカー│Benibox