タイ(バンコク)の進出支援、タイ(バンコク)での会社設立相談はタイ(バンコク)BOI取得済のタイ進出支援ポータルで検索

タイ(バンコク)の会社設立・法人設立を支援・サポートをしている企業様のご紹介

ここではタイ(バンコク)に進出する日本企業様にタイでの会社設立・法人設立を専門的に支援・サポートをしている企業様の紹介しております。

【タイ進出支援ポータル】はタイ(バンコク)に進出予定または進出済の日系企業様にタイ(バンコク)での会社設立・法人設立の情報を提供するためのタイ進出支援情報ポータルサイトです。

タイでは、我々のような日系企業(タイにおける外国企業)が進出する際には投資制度に基づいた特別な会社設立手続き・必要書類が必要となります。タイでの会社設立の手続きは[1]商号の予約、[2]基本定款の登記、[3]設立総会の開催、[4]株式会社の登記(最終登記)という手順を踏みます。通常会社設立登記に要する日数は、企業、業種により開きはあるものの準備すべきデータ・書類がスムーズにタイ政府機関に提出できれば、早ければ1ヶ月、遅くとも2ヶ月が想定されます。しかしそこは日本ではなく外国です。何においても想定外のことが起こりえるとして、万全の準備と期間に余裕を持って申請されることをお勧めします。各業界・業種における会社設立・法人設立のための特殊事情、必要事項はここでご紹介する各専門企業様へお問い合せください。
【タイでの会社設立、法人設立に必要なその他の条件 】
・タックスID番号: 会社は設立登記の日より60日以内に法人所得税のためにタックスID番号の申請を行う義務があります。
・VAT登録: 商品販売またはサービス提供のビジネスを予定している事業者は、事前に付加価値税の登録申請をしなければなりません。
・社会保障基金:
15歳から60歳までの雇用者は、社会保障基金による保護を受けられることになっています。そのような従業員を雇う(株式会社を含む)雇用主は、彼らが保護対象者となった日より30日以内に、その氏名、賃金、その他の情報を届け出なければなりません。そして政府、雇用主、従業員のそれぞれが、省令により定められた額を基金に対して拠出する必要があります。
・労働者補償基金:労働者補償基金への登録が義務付けられており、雇用主は一定額を基金に拠出しなければなりません。