タイ(バンコク)の進出支援、タイ(バンコク)での会社設立相談はタイ(バンコク)BOI取得済のタイ進出支援ポータルで検索

タイ(バンコク)の債権回収・未払い問題の解決を支援・サポートをしている企業様のご紹介

ここではタイ(バンコク)に進出する日本企業様にタイでの債権回収・未払い問題の解決を専門的に支援・サポートをしている企業様を紹介しております。

【タイ進出支援ポータル】はタイ(バンコク)に進出予定または進出済の日系企業様にタイ(バンコク)での債権回収・未払解決支援情報を提供するためのタイ進出支援情報ポータルサイトです。

タイにおける事業運営において日系企業が避けられない課題の一つが、タイ企業との取引で発生した売掛債権の債権回収、未払い問題となります。タイの債権回収事情については、タイ政府が債権譲渡制度、譲渡担保、集合債権譲渡担保、留置権に関して新たな法律の制定を検討しているものの、日本の法律との違いにより問題が発生することがよくあります。また、日本企業に比べて債権に対して認識の甘い、一般的なタイ企業に対しては、日本企業との取引のような対応をしていてはいけません。すでに債権回収対策の着手が遅れ長期債権となってしまっている場合は、回収が非常に困難となります。ただ、中にはタイ弁護士からのレターや督促によって一転して支払いに応じる企業もあるなど、企業によって柔軟な対応を求められます。ここではそういったタイでの債権回収問題に関して相談が可能な、専門知識を有した企業を中心に紹介をしております。
タイにおける債権回収、未払い問題の対策には、回収対象と内容により、いつくかのパターンと手法があります。まず、タイに進出している日系企業同士の債権回収は比較的難易度が低いと言えます。それは狭い日系社会の中の信用情報に関しては、どこの企業も敏感になるからです。また、信用に関わるマイナス情報は、その企業のタイの日系企業とのビジネスにとって、命取りとなりかねません。こういった場合の債権回収に関しては、一定の督促行為により支払いが完了するケースが多いとはいえ、専門企業のアドバイスを受けて自社でも直接対策を講じることが可能です。
一方で難易度が非常に高いのが、タイ企業との取引における債権回収となります。一般的には、日系の法務法人を通じてタイの弁護士などに相談することとなりますが、ここでもタイ特有の事情が結果に影響を与えます。師弟関係を重視する同国においては、弁護士の選定が非常に重要となってくるのです。こういったタイの特殊事情に精通した専門企業などから、適した弁護士の紹介を受け、それぞれの問題を解決していくことが求められます。ここでは、そういった知識、人脈を有した専門企業を紹介させて頂いております。
タイ・バンコクのWiFi │ MUAY THAI WiFi
バンコクの賃貸・不動産 | alphabet home
バンコクでのレンタカー│Benibox