タイ(バンコク)の進出支援、タイ(バンコク)での会社設立相談はタイ(バンコク)BOI取得済のタイ進出支援ポータルで検索

タイ(バンコク)のSEO・PPC(Adwords)・facebook広告等インターネット広告、プロモーションを支援・サポートをしている企業様のご紹介

ここではタイ(バンコク)に進出する日本企業様にタイでのGoogleThailandにおけるSEO対策・PPC(Adwords)広告出稿代行・facebook広告出稿代行等などインターネット広告、プロモーションを専門的に支援・サポートをしている企業様のを紹介しております。

【タイ進出支援ポータル】はタイ(バンコク)に進出予定または進出済の日系企業様にタイでのSEO・PPC・Facebook広告支援情報を提供するためのタイ進出支援情報ポータルサイトです。

タイにおけるインターネット人口は年々増え続けており、広告を行う媒体もリアルからWEBへと変化しつつあります。検索エンジン動向としては、yahooとGoogleの勢力が拮抗する日本に比べ、タイにおいてはGoogleが圧倒的な存在感を示し、シェアも95%以上となっています。もちろんそういった背景からも、タイのインターネットを使ったプロモーションにおいてはGoogle対策が重要となっています。その中でも重要なのがSEO(SearchEngineOptimization)です。Googleでの検索時に特定のキーワードで上位表示させることにより、検索するユーザーのニーズに対し、ピンポイントで自社のホームページを検索結果に表示させることができる手法となります。
また同国においてはタイ企業も同様のサービスを提供していますが、専門的なノウハウは乏しく、リスクも多い対策に集中しているのが実情となります。SEO対策の企業選定には同分野での実績と経験年数、ノウハウの保有状況の有無が必須条件となります。
タイにおけるインターネットを使った広告にはSEOの他に、Google AdwordsのPPC広告(PayPerClick)、タイにおいて人口の25%以上の普及率を誇るFacebookを活用した広告が有効となります。特にPPC広告は、Googleも積極的な支援を開始するなど需要が急増しており、手軽でコスト的にも安心して開始できる広告として、広告主の数も増えてきています。またスマートフォンの普及率が日本以上にスピード感のあるタイにおいて注目されつつあるのが、MEO(Map Engine Optimization)です。Googleに一定の登録を行うことでGoogleマップに表示され、さらに最適化することで「地域+目的」のキーワード検索時に自社のWEBサイトが表示される仕組みとなります。タイに進出する日系飲食店においては、Facebookページ対策と合わせて、これからのタイのプロモーションで欠かせない対策となることが予測されます。